メディア掲載情報一覧

2017.03.04

松本市が男女共同参画・人権意識に関する市民アンケートの結果をまとめました。休日は男性の家事従事時間が若干増えるものの、平日は依然として女性が家事の多くを担っていることがうかがえました。


掲載メディア: 市民タイムス
当該業務: 松本市:男女共同参画・人権に関する意識調査業務委託

2017.01.27

塩尻市と塩尻商工会議所、市観光協会などでつくる市雇用創造協議会は、白馬村に滞在する外国人旅行者を対象にしたモニターツアー「松本城・奈良井宿いろり体験の旅」を実施しました。オーストラリアの旅行者を中心に松本城や奈良井宿を巡りました。


当該業務: 塩尻市雇用創造協議会:地域資源を活用した観光コンテンツ創出事業

2017.01.20

入山辺交通対策協議会は会合を開き、マイクロバスなどを使った新路線の名称を現路線を引き継ぎ「入山辺線」とする運行計画を正式に決めたほか、4月3日から運行を開始することを決めました。


掲載メディア: 信濃毎日新聞 市民タイムス
当該業務: 松本市:平成28年度松本市地域新交通システム評価検証業務

2017.01.14

阿部守一知事は、御嶽山など県内4火山の啓発の方向性などを示す「県火山防災のあり方検討会」がまとめた最終報告書案について、内容の具現化に向けて県として財政面などで支援する考えを示しました。


掲載メディア: 信濃毎日新聞
当該業務: 長野県:平成28年度火山防災のあり方検討事業実施業務

2017.01.13

長野県は「県火山防災のあり方検討会」を開き、県内の火山防災強化に向けた最終報告書案を提示しました。検討会はビジターセンターの拡充、情報発信の強化などを柱とした報告書案を概ね了承しました。


掲載メディア: 市民タイムス 日本経済新聞
当該業務: 長野県:平成28年度火山防災のあり方検討事業実施業務

2017.01.13

2014年9月の御嶽山噴火災害をめぐり、御岳山麓で火山の知識や噴火災害を伝える「御嶽山マイスター(仮称)」制度の創設に向け、県が財政支援を検討していることがわかりました。


掲載メディア: 信濃毎日新聞
当該業務: 長野県:平成28年度火山防災のあり方検討事業実施業務

2016.12.28

松本市中山の住民組織が運営する「中山線」の来年1月10日の運行に向けて、運営協議会の理事を務める町会長等が29日、新しいバスに試乗しました。


掲載メディア: 市民タイムス
当該業務: 松本市:平成28年度松本市地域新交通システム評価検証業務

2016.12.28

「真田丸」の放映に伴い、戦国時代の真田氏の本拠だった上田城跡公園は観光客が急増し、県の調査では、7~9月の観光客数が101万4,000人と前年同期に比べ45%増え、真田氏の武具や資料の展示などがある松代も24万5,000人と増加しています。日銀松本支店は、観光客が113万人増え、観光消費額も161億円増えるなど、経済効果は200億円になると試算結果を発表しています。


掲載メディア: 日本経済新聞
当該業務: 真田大博覧会経済波及効果調査業務委託

2016.12.21

松本市のまつもと市民芸術館で7月に開かれた信州・まつもと大歌舞伎の経済波及効果(速報値)が、関連事業も含めて過去最高の9億2,054万円に上ったことが、実行委員会で報告されました。


掲載メディア: 市民タイムス
当該業務: まつもと市民芸術館:歌舞伎経済波及効果

2016.12.15

御嶽山など県内4火山の啓発の方向性などを示す「県火山防災のあり方検討会」の中間報告書案をめぐり、2014年の御嶽山噴火災害の被災者家族等でつくる「山びこの会」との意見交換会を松本市で開きました。


当該業務: 長野県:平成28年度火山防災のあり方検討事業実施業務