メディア掲載情報一覧

"市民タイムス"のメディア掲載情報一覧(145件)

2017.07.04

朝日村の観光施策を担う観光事業推進組織(観光協会)が10月に発足する見通しになりました。野菜畑が広がる閑居うをぃ貸した農業体験や、豊かな自然環境を満喫できる時間など、村ならではの魅力を伝える事業を行い、来訪者を増やす考えです。


掲載メディア: 市民タイムス
当該業務: 朝日村:平成29年度朝日村滞在型体験プログラム構築事業

2017.07.04

松本市内のアルピコ交通のバス路線を引き継いだ東山部3地域の代替交通が採算ラインを上回る利用状況となっています。運行開始前から住民アンケートで路線に対する要望を把握し、需要に合わせた運行形態となっていることが、好調の要因と考えられます。


掲載メディア: 市民タイムス
当該業務: 松本市:平成29年度松本市地域新交通システム評価検証

2017.06.24

朝日村では、平成30年春の設立を目指す農業支援組織・アグリビジネスセンターの事業内容の本格的検討が始まりました。村内全農家を対象にしたアンケート結果から課題が洗い出され、農業推進支援組織設立検討協議会の部会で対応策を検討することになっています。


掲載メディア: 市民タイムス
当該業務: 朝日村:アグリ・ビジネスセンターの設置による「新たな農業の担い手」創出事業

2017.04.10

上高地観光旅館組合は上高地の海外プロモーション用ウェブサイトを開設しました。弊社のページをもとに開発し、英語、中国語、ハングル文字に対応し、外国人に親しみやすいデザインと内容にしています。


掲載メディア: 信濃毎日新聞 市民タイムス
当該業務: 上高地観光旅館組合:上高地インバウンド推進業

2017.05.23

安曇野市のデマンド交通「あづみん」をめぐり市民アンケートを実施したところ、「とても満足」「やや満足」との回答が57%、「とても不満」「やや不満」が41%であった。利用者数も低迷しており、利便性向上への検討の余地がありそうだ。


掲載メディア: 信濃毎日新聞 市民タイムス
当該業務: 安曇野市:安曇野市地域公共交通網形成計画策定支援業務

2017.05.11

山形村は「交通弱者」が利用する福祉バスの運行を、生活環境の変化に対応するため8月1日のダイヤ改正で見直すこととした。


掲載メディア: 市民タイムス
当該業務: 山形村:平成28年度山形村福祉バス見直し支援業務

2017.04.22

松本市はアルピコ交通の不採算路線バス廃止に伴い地域主導で運行を開始した「ほしみ線」「中山線」「入山辺線」の3路線の利用状況を「3路線とも利用は好調である」と公表した。


掲載メディア: 信濃毎日新聞 市民タイムス
当該業務: 松本市:平成28年度松本市地域新交通システム評価検証業務

2017.03.09

安曇野市の行政運営の総合的な指針となる第2次市総合計画の策定に向け、意見を聞く第2回総合計画審議会が市役所で開かれ、基本理念、将来都市像を示した第1次計画の基本構想について市が評価し、現状と課題を報告した。


掲載メディア: 市民タイムス
当該業務: 安曇野市:第二次総合計画策定業務

2017.03.04

松本市が男女共同参画・人権意識に関する市民アンケートの結果をまとめました。休日は男性の家事従事時間が若干増えるものの、平日は依然として女性が家事の多くを担っていることがうかがえました。


掲載メディア: 市民タイムス
当該業務: 松本市:男女共同参画・人権に関する意識調査業務委託

2017.01.20

入山辺交通対策協議会は会合を開き、マイクロバスなどを使った新路線の名称を現路線を引き継ぎ「入山辺線」とする運行計画を正式に決めたほか、4月3日から運行を開始することを決めました。


掲載メディア: 信濃毎日新聞 市民タイムス
当該業務: 松本市:平成28年度松本市地域新交通システム評価検証業務