メディア掲載情報一覧

"信濃毎日新聞"のメディア掲載情報一覧(133件)

2017.10.17

旧中山道を歩く外国人向けのモニターツアー開催の様子が掲載されました。当日はあいにくの雨の中の開催となりましたが、ヒノキ笠をかぶり、杖を持って峠越えするという、ユニークなツアーを体験してもらうことができました。


掲載メディア: 信濃毎日新聞
当該業務: 塩尻市雇用創造協議会:「地域資源を活用した観光コンテンツ創造事業」に係るアドバイザー業務

2017.10.07

当法人が運行支援をしている安曇野市の乗合タクシー「あづみん」の利用が好調であることが掲載されました。あづみんは運行開始から10年を迎えており、多様化するニーズに応えるため、2,500世帯を対象にアンケートを実施し、今後の対応を検討しています。


掲載メディア: 信濃毎日新聞
当該業務: 安曇野市:安曇野市地域公共交通網形成計画策定支援業務

2017.10.01

飯綱町と長電バス、ヤマト運輸が共同で行う「貨客混載バス」の実証実験が10/1に開始されました。導入により、どの程度赤字を削減できるのかを検証するねらいです。この実証実験は当法人が企画の支援を行っており、県内で初の導入となりました。今後、他の路線や鉄道でも取り入れられるか、検討をすすめていく予定です。


掲載メディア: 信濃毎日新聞
当該業務: 飯綱町:地域公共交通計画策定等支援業務

2017.09.29

県公民館運営協と県教委主催の第65回県公民館大会が、塩尻市のえんぱーくで開催されました。約400人が参加した今大会では、当法人の理事長鷲見による講演会が行われました。


掲載メディア: 信濃毎日新聞
当該業務: 塩尻市:長野県公民館大会講演

2017.09.21

小谷村では、お年寄りが村内で生活し続けられるように、見守り支援付きで宿泊できるトレーラーハウスを設置しました。まずは体験入居として申込を受け付けており、利用者のニーズを探っていきます。住み慣れた地域で暮らし続ける環境を整えるために実施している業務です。


掲載メディア: 信濃毎日新聞
当該業務: 小谷村:見守り付き住宅のビジネスモデル検討業務

2017.04.10

上高地観光旅館組合は上高地の海外プロモーション用ウェブサイトを開設しました。弊社のページをもとに開発し、英語、中国語、ハングル文字に対応し、外国人に親しみやすいデザインと内容にしています。


掲載メディア: 信濃毎日新聞 市民タイムス
当該業務: 上高地観光旅館組合:上高地インバウンド推進業

2017.05.23

安曇野市のデマンド交通「あづみん」をめぐり市民アンケートを実施したところ、「とても満足」「やや満足」との回答が57%、「とても不満」「やや不満」が41%であった。利用者数も低迷しており、利便性向上への検討の余地がありそうだ。


掲載メディア: 信濃毎日新聞 市民タイムス
当該業務: 安曇野市:安曇野市地域公共交通網形成計画策定支援業務

2017.04.22

松本市はアルピコ交通の不採算路線バス廃止に伴い地域主導で運行を開始した「ほしみ線」「中山線」「入山辺線」の3路線の利用状況を「3路線とも利用は好調である」と公表した。


掲載メディア: 信濃毎日新聞 市民タイムス
当該業務: 松本市:平成28年度松本市地域新交通システム評価検証業務

2017.03.29

松本市入山辺地区の住民主体組織・入山辺線公共交通協議会は代替交通となる乗合バスの試運行を実施し、使い勝手を確認した。


掲載メディア: 信濃毎日新聞
当該業務: 松本市:平成28年度松本市地域新交通システム評価検証業務

2017.03.30

「真田大博覧会」の実行委員会は総会を開き、市内への経済波及効果は推計38億5千万円と報告。地域経済活性化について一定の成果が得られたと総括した。


掲載メディア: 信濃毎日新聞
当該業務: 真田大博覧会経済波及効果調査業務委託